トークライブ『日本型eスポーツの過去・現在・未来』開催(4/24)


 

日本未来学会メディア部会デジタル・エンターティメント研究会主催の公開トークイベント「日本型eスポーツの過去・現在・未来」が4月24日に開催されます。

本イベントでは「日本にも独自のeスポーツ文化が根付いていた」という前提に立ち、日本のeスポーツの歴史、および現在の状況と問題点を整理します。そしてそれらの議論をもとに、輸入文化ではない日本独自のeスポーツのあり方が提案される予定です。

◆開催概要

イベント名 日本型スポーツの過去・現在・未来
主催 デジタル・エンターティメント研究会(日本未来学会 メディア部会)
日時 2018年4月24日(火) 19:00~21:30
会場 専門学校東京ネットウエイブ ガオ君シアター(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-17)
想定観客層 ゲーマー、ゲーム研究者、学生、eスポーツに関心を持つ一般層
料金 前売2,500円/当日3,000円(東京ネットウエイブの学生無料)
チケットはLivepocket(https://t.livepocket.jp/e/xy6ht)にて発売中

登壇者
中川大地(批評家・編集者)
犬飼博士(遊物体アソビウム・eスポーツプロデューサー)
加藤裕康(社会学者)
境真良(国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員研究員)
野安ゆきお(ゲームジャーナリスト) ほか

◆構成

  • 第1部:日本のeスポーツの歴史
    • ゲームプレイを「見せる」エンターティメントとしてのeスポーツ
    • 日本におけるプロゲーマーの系譜:高橋名人、ブンブン丸からウメハラ、ももちまで
    • 「場」としてのゲームセンター:1980年代~現在まで
  • 第2部:eスポーツをめぐる現状と論点整理
    • 日本と海外における「eスポーツ」の現状
    • プロスポーツとしてのeスポーツ
    • 現状のeスポーツをめぐる問題点
  • 第3部:「日本型eスポーツ」に向けた取り組み事例
    • 「プロライセンス制度」にとらわれない様々なスタイルの参入
    • 「ゲーム大会」「実況カルチャー」の文化を活かして
    • 吉本興業の取り組み
  • 第4部:日本型eスポーツの未来
    • eスポーツの今後を展望する
    • eスポーツシーンの健全な発展のために
    • 「日本から発信するeスポーツ」の提言

取材お申し込み・お問い合わせ
デジタル・エンターティメント研究会 事務局(担当:榎本)
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-8-16-102 株式会社デジタルメディア研究所内
電子メール t2enonu[at]gmail.com