ゲームライターコミュニティ#26 ライター視点で見たE3 2018報告会


ゲームライターコミュニティでは第26回勉強会「ライター視点で見たE3 2018報告会」を6月25日に専門学校東京ネットウエイブで開催いたします。フリージャーナリストの西田宗千佳氏と、Webゲームメディア「電ファミニコゲーマー」編集部のクリモトコウダイ氏、そして代表の小野憲史が登壇し、それぞれの視点で報告を行います。

申込み/詳細はこちら

米ロサンゼルスで6月12日から14日まで開催される、世界最大級のゲーム展示会「E3」。その一方でデジタル流通の拡大や、モバイルゲームの成長など、ゲーム業界は過去数年で大きく様変わりをしてきました。はたしてE3 2018はどうだったのか? そして世界のゲーム業界は今後どうななるのか? メディアの現場から見たE3の最新レポートをお届けします。
なお、終了後はビアバッシュも行います。参加者間の交流などにお役立てください。
Twitterハッシュタグ #game_writer
◆タイムスケジュール
18:30 受付開始
19:00 参加ライターによるE3 2018報告(各自15-20分ずつ)
20:00 ディスカッション「今年のE3どうだった? 今年のゲーム業界はどうなる?」
21:00 終了、ビアバッシュ

登壇者

西田宗千佳(フリージャーナリスト)
1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。取材・解説記事を中心に、主要新聞・ウェブ媒体などに寄稿する他、年数冊のペースで書籍も執筆。テレビ番組の監修なども手がける。主な著書に「ポケモンGOは終わらない」(朝日新聞出版)、「ソニー復興の劇薬」(KADOKAWA)、「ネットフリックスの時代」(講談社現代新書)、「iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)などがある。
クリモトコウダイ(電ファミニコゲーマー編集部)

1993年大阪生まれ。新聞配達中にトラックに跳ね飛ばされたことがきっかけで編集者になる。ゲームメディア「インサイド」副編集長として、「ロックマンエグゼ 15周年特別スタッフ座談会」「マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡」などを担当。2017年4月よりドワンゴのゲームメディア「電ファミニコゲーマー」の編集者として、企画記事やニコニコ生放送を手掛ける。

◆司会
小野憲史(ゲームジャーナリスト、ゲームライターコミュニティ代表)

「ゲーム批評」(マイクロマガジン社)編集長などを経て現職。ウェブニュース媒体を中心に取材記事などを寄稿しており、E3・GDCなど海外取材も多数経験。「小野憲史のゲーム時評」(まんたんウェブ)などのコラム連載や、教育機関などでの授業・講演もこなす。NPO法人IGDA日本名誉理事・事務局長、東京ネットウェイブ非常勤講師。主な著書・編著に「ゲームクリエイターが知る97のこと(2)」(オライリージャパン)などがある。

◆主催
ゲームライターコミュニティ
◆会場協力
東京ネットウエイブ *会場は202教室となります。
◆後援(広報協力)