第4回「Tokyo Sandbox」がベルサール秋葉原で開催決定!(4月6日~7日)


インディゲームの複合イベント「Tokyo Sandbox」が、2019年4月6日(土)~4月7日(日)に開催されます。今年4月開催の前回は浅草橋に会場を移しましたが、来年は再び秋葉原に戻り、ベルサール秋葉原で開催されます。

「Tokyo Sandbox」は、ゲーム業界で活躍する著名人による講演・ディスカッションやネットワーキングイベント、日本ならではのひと味違ったゲームの紹介などを通して、日本のゲームクリエイターおよびインディゲーム開発者の他にはない魅力を広く世に伝え、さらに高めていくことを目的としたイベントです。

2015年に「東京インディーゲームフェス」という名称で開催されたインディゲームの展示イベントからはじまり、2年のブランクを挟んで2017年に現在の「Tokyo Sandbox」の名称のもと、リニューアルされました。

本イベントではゲーム業界有数の著名人による講演・ディスカッションやネットワーキングイベント、日本ならではのひと味違ったゲームの紹介などを通して、日本のゲームクリエイターおよびインディゲーム開発者の他にはない魅力を、広く世に伝え、さらに高めていくことを目的としています。

前回はVideo Kid(Chorus Worldwide)、Black Bird(Onion Games)、6(NANALI Studios)、DragonFangZ(Toyaa)などのインディゲームのヒットタイトルが出展。またイベント中にはチップチューンアーティストのsdhizumi、ウラボロシ、BEEPBOY、Robotprins(敬称略)によるライブパフォーマンスが行われたほか、Highgai、shobosuke、ぬどん、赤石先生、J-mon、LayerQ(敬称略)といった人気ストリーマーも会場からイベントの様子を配信。非常にバラエティ豊かなイベントとなりました。

今後、開催に関する最新情報を公式サイトおよびTwitter、Facebookページで発表していきます。インディゲームディベロッパー/パブリッシャーの皆様はぜひ出展をご検討下さい。

公式サイト

Twitter https://twitter.com/TokyoSandbox
Facebookページ https://www.facebook.com/tokyosandbox/