東京工科大学が認知機能リハビリテーション専用ゲームソフト 「Jcores」改訂版を開発、新たにタブレットにも対応


東京工科大学コンピュータサイエンス学部の亀田弘之教授らによる研究チームは、統合失調症などの認知機能障害者の就労支援などを目的としたリハビリテーション用ゲームソフトウェア「Jcores(ジェイコアーズ)」の改訂版を開発しました。2019年4月をめどに病院施設などで運用を開始する予定です。

「Jcores」は、同研究チームが帝京大学医学部・池淵恵美教授らと2011年に共同開発した日本初の認知機能リハビリテーション専用のゲームソフトで、統合失調症など障害者の就労支援を行うプログラム「VCAT-J」(注1)として、デイケア施設や大学病院での臨床現場で運用されています。

統合失調症では、注意や記憶などの認知機能の障害により日常生活や就業がうまくいかなくなることが知られていますが、同ゲームソフトによるトレーニングでこれらの改善効果が報告されています。

今回の改訂版(Ver2.0)では、従来のPC版(Windows)に加え、タブレット端末(iOS、Andoroid)にも対応するほか、高齢者向けにタッチパネル等の操作性が向上されました。

注1      VCAT-J(Vocational Cognitive Ability Training by Jcores:ヴィーキャットジェイ)は、専用ゲームソフト「Jcores」によるトレーニングを組み入れたリハビリテーションプログラムで、精神障害を持つ方の就労支援に有効とされている援助付き雇用モデルや、より厳しい原則を持つ個別就労支援モデルに基づいたものです。同研究会(会長:帝京大学医学部精神神経科学講座 池淵恵美教、副会長:亀田弘之東京工科大学教授)は、この研究開発や教材・教育手法のノウハウについての共有と普及を行っています。「Jcores」は、この種のソフトウェアとしては日本初のものであり、現在日本で最も普及しているものの1つです。
http://vcat-j.jp/

※ソフトウェア(Jcores)は、VCAT-Jの研修会に参加したトレーナーのみが利用できます。