ゲームライターコミュニティ#32「情報系同人誌(文系)を商材に即売会で10万円の売上を出す方法」


皆さんはライターをしていて、理想の仕事環境って何だと思いますか? 自分にとっては「出した企画がもれなく採用されること」、すなわち好きなことだけ書いて生活できる環境が理想です。

でも、なかなかこれが難しいんですよね。だって書いても売れなきゃ意味ないんですから。だったら自分で好きな本を作って自分で売れば良いじゃん! という非常にシンプルな結論に至りまして、自分も遅まきながら「ゲームクリエイター育成会議」という対談誌を作り、2018年のアニ玉祭で人生初の即売会出展もはたしました。

結論から言うと非常に楽しかったです。やっぱり、自分で作ったものが直接販売されて、代金がいただけるというのは、他に変えがたい魅力がありますね。ゲーム批評の創刊号が出版された時、神保町の書泉ブックマート2Fの売り場でずーっと見ていたことを久しぶりに思い出しました(ありがたいことに平積みにしていただいた!)

というわけで次回のゲームライターコミュニティでは、この即売会を取り上げます。講師は運営メンバーでもある柿崎俊道氏で、「聖地会議」シリーズを題材に、「情報系同人誌(文系)を商材に即売会で10万円の売上を出す方法」を解説していただきます。

同人誌の制作パートと、即売会の販売パートの二部構成で、初心者でもこれを聞けばすべてがわかるという内容になっていますので、ぜひご参加ください。

申し込み・詳細はこちら

開催概要

日時 平成31年3月25日(月) 19:00~21:30(開場 18:30)
会場 ヒューマンアカデミー秋葉原校(東京都千代田区神田佐久間町3-21-5 三共ビル )
参加費 一般2200円(交流会こみ、「聖地会議」一部謹呈)
    学生無料、メディア枠あり

タイムスケジュール

18:30 受付開始
19:00 講演1:制作篇
19:30 講演2:販売篇
20:00 交流会
21:00 終了
21:30 完全撤収

講師 柿崎俊道

聖地巡礼プロデューサー。主な著書に『聖地巡礼 アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』(2005年刊行)。
埼玉県アニメイベント「アニ玉祭」をはじめ、地域発イベント企画やオリジナルグッズ開発、WEB展開などをプロデュース。また、雑誌や書籍、ガイドブックの執筆・編集者としても活動している。
編集・執筆にBNN新社『Works of ゲド戦記』、講談社『頭文字D』ファンブック、同『聖☆おにいさん』ガイドブックなど多数。 Twitter:@Syundow