ゲームブックの古典的名作「火吹き山の魔法使い」がSwitchに登場


コーラス・ワールドワイドはTin Man Games(オーストラリア)開発のNintendo Switch用ゲーム「火吹き山の魔法使い」をニンテンドーeショップで配信すると発表しました。配信日は2019年5月30日で、あらかじめダウンロードは5月16日より開始されます。価格は2980年(税込)ですが、5月29日まで20%オフの2384円(税込)で購入できます。

本作はイギリスのゲームデザイナー、スティーブ・ジャクソンとイアン・リビングストンによるゲームブックの古典的名作のデジタルゲーム版です。これまでPCとスマートフォンで発売され、人気を博していたタイトルが、このたび満を持してSwitchに移植され、さらに日本語で遊べるようになりました。

プレイヤーは富と名声を求める冒険者となり、悪の魔法使いザゴールが作った広大な迷宮に挑戦していきます。迷宮はアランシア大陸にある「火吹き山」と呼ばれる山の地下にあり、最深部には伝説の財宝が眠っているとされています。しかし、迷宮にはさまざまなモンスターや罠が待ち構えており、生還者はほとんどいませんでした。はたしてプレイヤーの運命はいかに・・・という内容です。

プレイヤーは貴族・司祭・冒険家など18人のヒーローから1人を選び、迷宮に挑戦できます。ストーリーはゲームブック風味のテキストで進行し、原作準拠の味のあるグラフィックが華を添えます。バトルはミニチュアフィギュアによるターンベースバトルで拡張されており、単にダイスをふるだけでない、より戦略的な楽しさが味わえるものになっています。

ゲーム概要

  • タイトル名:火吹山の魔法使い
  • ジャンル :ゲームブック(RPG)
  • 対応プラットフォーム:Nintendo Switch
  • リリース日:2019年5月30日(あらかじめDLは5月16日より)
  • レーティング:B
  • 価格:2,980円(税込)
  • ストアURL https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000018871