元NASAの研究者が開発に協力!「クマムシさん惑星 宇宙最強ゆるキャラ伝説」リリース


Ars Edutainmentは、Andriod / iOS対応『クマムシさん惑星 宇宙最強ゆるキャラ伝説』を3月11日より配信開始しました。

クマムシは南極からヒマラヤ山脈、身近な道路のコケからなど、これまでに1300種類以上発見されているミクロアニマル。宇宙空間でも生存可能な最強の極限環境耐性を持ちながらも、ひっくり返ると自力では起きられないというユニークな能力パラメーターの実在する生き物です。

本作はそんなクマムシの全系統確立を目的とした、カジュアルなのに壮大な内容のゲームです。ゲームはオンラインゲームで、オリジナルの「ご当地クマムシさん」のイラストを修正し、新種としてサーバに登録させられます。登録したクマムシさんは別のプレイヤーのゲームにも登場。そのクマムシさんをベースに、さらに新種のクマムシさんを登場させることも可能です。

開発には元NASAのクマムシ研究者も協力し、コペンハーゲンで開催された第14会国際クマムシシンポジウムでゲーム開発を発表。そのユニークな内容は、Google Play Indie Games Festival 2019でトップ10に選出されるなど、すでに高い評価を受けています。今回配信された第1章は北海道編で、40種類以上のクマムシさんが登場。以後、日本全国の都道府県、世界各国、南極、そいて月へと続いていく予定です。

研究所の助手キャラクターイラストはアニメーション制作会社の動画工房が担当