ゲームライターコミュニティ #13 「ゲームライターの手腕、VR時代のコンテンツレビューのあり方」


PS VRが発売され、ますます身近な存在になってきたVRゲーム。ゲームライターにとっても、本格的にVRゲームの紹介記事やレビュー記事の依頼が増加することが期待されます。しかし、VRゲームの特徴や魅力を文字だけで伝えるのは大変です。

 

そこでゲスト講師にVR専門メディア「VRbeat」編集長で、業界の大ベテランである高橋ピョン太氏を迎え、「ゲームライターの手腕、VR時代のコンテンツレビューのあり方」をテーマにセミナーを開催します。参加者間で自由にディスカッションしたいと思っています。

 

 

Twitterハッシュタグ #game_writer

 

◆高橋ピョン太氏コメント

 

「ゲームライターの手腕、VR時代のコンテンツレビューのあり方」をテーマにディスカッションを行いたいと思います。

 

没入する体験が主体となるVRコンテンツは、従来のゲームとは違い、その見せ方、また面白さを伝えるのが非常に難しくなっていきます。はたしてこれまでゲームライターが続けてきたゲームレビューや攻略方法が、メディアとして通用するのか。動画配信による実況とは違ったレビューは可能なのだろうか? そんなことを一緒にゲームライター視点で模索できればいいなと思う次第です。

 

◆スケジュール
19:00 開場
19:05 高橋ピョン太「ゲームライターの手腕、VR時代のコンテンツレビューのあり方」
19:35 休憩
19:40 参加者によるディスカッション
20:45 終了
21:00 懇親会(希望者のみ)

 

◆講師プロフィール
2016-09-28_1024
『ボコスカウォーズ』PC-8801版の移植をきっかけにアスキー専属プログラマーとなり、80年代前半~90年代に同社のパソコンゲーム総合雑誌『LOGiN(ログイン)』の編集を手伝った経緯から、どっぷりと編集者に。その後『ログイン』6代目編集長を経て、同社にてネットワークコンテンツ事業を設立後、セガに出向しドリームキャスト向けネットワークコンテンツの開発、専用Webメディア事業に携わる。2000年初頭よりドワンゴにて携帯電話向けデジタルコンテンツのメディア化に携わった経験から、以来、編集経験を活かしたデジタルコンテンツのメディア化事業に専念。またフリーランスでゲームライターをする傍ら、2016年、VR専門メディア『VRbeat』を立ち上げ、現在進行中。

 

日時 11月14日(月) 19:00-21:00
会場 ワンデイオフィストーキョー(東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル4F)
参加費 1000円