【レポート】#21ライトニングトーク大会


早いもので年末ですね。

ゲームライターコミュニティでは、1年の締めとして12月はセミナー形式ではなく、参加者が自由にピッチできる

「ライトニングトーク大会」

を開催しています。

今年は12月18日に、東京都渋谷区のアイモバイル社のセミナールームをお借りして実施しました。

ピッチ1番手はゲームライターコミュニティー代表の小野氏。

「ゲーム紹介記事の書き方」をテーマに、ベテランプロライター目線でのゲームライター生き残りのノウハウを共有しました。

2番手は、PokémonGoやイングレスなどの情報発信で知られる岡安氏。

コミュニケーションロボットにも明るい岡安氏は、ロボホンを連れての登場。
ロボホンの基本的な機能の説明などをしながら、コミュニケーションロボットの魅力について語りました。


3番手は聖地会議で知られる柿崎氏。

聖地会議を手掛ける柿崎氏も、来年以降の展望を語りました。

4番手はひつじぐもの島田氏。


ひつじぐも社のシナリオライター業務への取り組みについて講演しました。

最後は私、加藤。

常に激動のゲームメディア界隈。


ここには書けない生っぽいエピソードを共有しました。
※メディア自体はやめませんよ!

というわけで、2017年のゲームライターコミュニティの活動は(リアルの場では)終了となります。
ご参加いただいた皆様、開業をお貸しいただいた企業様、ご登壇いただいた方々、PRにご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

2018年もより良いゲームライター界隈を作り出せるべく、またゲーム業界の縦横斜めの関係づくりに寄与できるよう活動してまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2018年の新年会もよろしくお願いします!